うつ病には様々な種類がある|症状に合わせた適切な治療方法

いろいろとあるうつ症状

レディー

その症状も治療法も様々

うつ病といいましてもその種類は多くあり、それぞれ症状も治療法も変わってくるため一概にうつ病をまとめて1つに考えることはできません。一般的によく知られているうつ病はストレスや精神的な負担から、脳の機能に異常を発する病気です。しかしほかの種類では躁うつ病、新型うつ病、冬季うつ病、子供のうつ病までいろいろとあります。躁うつ病は別名「双極性障害」とも呼ばれており、ときにテンションが高くなって多弁となったりときに落ち込んで自殺願望を抱いたりするなどを繰り返すものです。新型うつ病は不定期に症状があらわれてくるもので、別名「適応障害」と呼ばれています。普段は元気でうつ状態の症状があらわれてくることがなかったりするのですが、いざ仕事や学校へ行かなければいけない時にうつ状態となってしまうものなのです。仕事や学校に行く前にそのような状態となるため、周囲からは「ただ怠けているだけなのではないか」と誤解されてしまうことも多くあります。冬季うつ病は、その名の通り冬になるとうつ状態となってしまうものです。なぜ冬になるとうつ状態となってしまうのか、それは冬の季節は日が昇る時間が少ないことから光を十分に浴びることができないために発症するのです。太陽の光は脳内神経伝達物質のセロトニンを分泌させる効果があり、それが十分の分泌されないことでうつ状態となるといわれているのです。そして最後に子供のうつ病ですが、子供のうつ状態は大人の症状とは変わってきます。原因は大人と変わりなかったりするのですが、あらわれる症状は乱暴になったりヒステリックとなったり泣きわめいたりするなど、ひどく落ち着かなくなってしまうようになります。

脳にエネルギーを与える

このようにいろいろと種類があるのです。ひとつひとつ種類によって治療法も変わってきますし対応方法も変わってくるため、症状がひどくなれば病院で診てもらうことも必要となる場合があります。しかし普段の生活の中でもうつ病それぞれに効果のある方法を行なっていくことも、症状を改善させるために必要な行ないとなってきます。ただどの種類のうつ病も一概に言えることは、脳の機能が異常を発していることでして脳のエネルギーが不足していることでもあったりします。もちろんストレスや社会的な環境などが原因となって引き起こされるうつ病は、その問題を解決させなければ病気が治らないとも言われていますが、その問題を解決させるために脳へエネルギーを与えなければ解決さるために頭を働かすことができません。その脳にエネルギーを与えられるようにするために、セロトニンを分泌させる方法を行なうが大切です。セロトニンは先ほど述べたように、太陽の光を浴びることで脳内に分泌されるようになります。なので少しの時間だけでも外に出て散歩をするなど行なうことで脳にエネルギーを与えていくことができるようになります。太陽の光を浴びるほかにもトリプトファンという成分を摂取できるものを取り入れていくと、セロトニンが脳内に分泌されてようになります。トリプトファンが含まれるものといえば大豆、牛乳やヨーグルトなどのような乳製品があげられます。そのような方法を取り入れながら病院で治療を行なっていくことで改善していくことができるようになります。