うつ病には様々な種類がある|症状に合わせた適切な治療方法

心が体の症状に

男性女性

喜びや悲しみなどの気分がうまくコントロールできなくなった状態を気分障害と呼んでいて、この障害は三つの種類に分類されています。その中の一つが一般的なうつ病と呼ばれています。診断には問診が非常に重要になってきますので、素直に答えるようにしてください。

もっと知ろう

いろいろとあるうつ症状

レディー

うつ病は実はいろいろと種類がありまして、その症状も治療法もそれぞれ違ってきます。ですが主な原因は脳の機能の異常が発することなので、その脳にエネルギーを与えて問題を解決させられるようにしていくことが大切です。

もっと知ろう

精神病を知る

男性

うつ病の種類は主に三種類あります。精神病は、診断が難しいものもあるため、出来る限り患者だけでなく周囲の人がサポートすることが大切です。治療は、薬物療法や認知行動療法になりますが、周囲が協力し合って過ごしやすい環境を整えていくことも大切です。

もっと知ろう

心の病を知る

ウーマン

接し方考える

現代社会において仕事や、人間関係、金銭面などのいろいろな場面でストレスを抱えることが多いです。ストレスを感じずに生きていくことはほぼ不可能と言えるのではないでしょうか。ストレスを溜め込んでしまう性格の人や、逃げ道がなく追い詰められてしまう人の中にはうつ病になってしまう人もいます。うつ病になるのは甘えではなく、病気の一つとして考えなければなりません。目に見えるような病気ではなく、頑張ってきたから発症してしまうものと考えてください。患者さんの多くが死ぬことを本気で考えているので、接し方には十分な注意が必要です。ではもし自分の身近な人物がうつ病になってしまった場合には、どのように接していけばよいのでしょうか。有名なものとしては頑張れと言わない、励ましたりしない、などが挙げられます。うつ病は頑張ることが難しく、休養を必要としている病なのです。患者さんと接する時にはまず相手のことを理解しようとすることが必要になります。そのためには聞き役になって、話の内容から相手の気持ちを察していくと良いでしょう。理解するだけでなく話に共感していくことがポイントです。自分が話しかける時には味方であるという意思表示をしていき、関心を持っていることを伝えてください。また、希望を持てるような会話が良いので病状を指摘するのはよくありません。良くなってきた部分を認めるような発言が望ましいです。励ますことは患者さんが追い詰められる要因になってしまうので、とにかくゆっくりしてもらうように促しましょう。治癒には時間がかかることを覚悟し、接する側も感情的にならないように冷静さを保つことが重要です。

病気の症状学ぶ

うつ病という病気自体はテレビなどでもよく見かけるようなワードですので、存在を知っている人は多くいます。このうつ病には大きく分けて二種類があり、症状に違いがあるのです。一つ目は大うつ病性障害と呼ばれるもので、患者数が増加の傾向が見られています。多くの人が知っている物事に対する関心が薄れるというような症状が当てはまるのがこのタイプです。二つ目は双極性障害と呼ばれるもので、こちらは聞いたことがない人も多いのではないでしょうか。このタイプは抑うつ状態と躁状態の両方が現れます。ずっと気分が低下するのではなく、元気が出てきて何でも出来るような気がしてくる状態もあるのが特徴です。正反対の状態が繰り返されるため、大うつ病性障害とは治療法も異なってきます。うつ病の症状にも種類があり、精神的な症状と身体の症状に分けられます。精神的なものとしては負の感情に苛まれる、やる気が出ない、頭を使うことが困難になるなど種類があります。症状が悪化するにつれて何もなくても涙を流してしまう、やらなければと思っていても行動できなくなるのです。もともと頑張りやの人に多い病気なので仕事に影響が出て自己嫌悪に陥り、さらに悪化してしまうこともあります。身体的なものとしてはよく眠れない、食欲が減少もしくは増加する、視力や聴力が悪くなるなどの種類が挙げられます。身体が出すうつ病のサインに気付けるように気をつけましょう。うつ病かもしれないと考えた際には、精神科や心療内科、メンタルクリニックなどの医療機関を受診してみましょう。最近は心の不調を訴える人が増えているため、専門の医療機関の数が増えています。インターネットや医療情報雑誌などですぐに情報を集められるので、まずはリサーチしてみましょう。うつ病の治療では、薬物療法や心理療法などを組み合わせて治療を進めていきます。通常の病気とは異なるため、治療には根気強く向き合う姿勢が大切です。